巨樹古木シリーズ復刻版完成!

『おおまきの唄がきこえる』復刻版完成しました。

絵本「木が伝えてくれる物語」の巨樹古木シリーズ第2作目 初版2009年10月発刊した『おおまきの唄がきこえる』は暫くの間、在庫を切らした状態でした。これまで購入希望の方も多数おられましたが、この度復刻版として再版いましたのでご案内いさせていただきます。

~下伊那郡清内路。ここに樹齢350年を超えるミズナラの大樹があります。~

少女スズが音の源流を訪ねて出会った命の鼓動、ミズナラの物語。
スズは、いつもとちがうことが起こりそうな気がして 思わず外に飛び出しました。
ピ フルルルル     ヒ フルルルル 「なんの音だろう…」スズがはじめて聞く音です。
気がつくと スズは いつのまにか ちいさなドングリを にぎりしめていました…

絵本 おおまきの唄がきこえる 復刻版

1冊 税込1,200円

購入希望の方はお電話026-232-0111内線4819、またはお問合せフォームにてお願いします。

 

 

令和4年度緑の募金公募事業 現地視察No.6

☆大岡森林体験公園編☆

長野市大岡の大岡森林塾は、地域の方から譲り受けた山林に地元や市街地の保育園児、子育て世代の親子など誰もが利用できる森林体験公園をつくろうと、森林整備の取組をスタートしました。
大岡森林塾では緑の募金公募事業を活用して、隣地の境界確認、除伐、道路伐開、道づくり等を行っています。(令和4年10月28日㈮ 視察実施)

大岡森林体験公園の入り口付近

レンガのかまど

伐開した道路 ①

伐開した道路 ②

園児が伐倒、枝打ちを体験した跡

 

 

 

 


 

 

 

子どもたちが遊べるスペース

令和3年度実施の道づくり作業

左 内田副代表  右 廣田代表

 

 

 

 

 

 

 

令和4年度 緑の募金公募事業 現地視察No.5

☆松川町部奈(べな)地区編☆

下伊那郡松川町部奈地区では、里山整備利用推進協議会を設立し、森林に囲まれた集落の特性をいかした公園集落を目指しています。展望公園や諏訪神社、史跡などを拠点として周遊コースの整備を進めています。

協議会では、緑の募金事業を活用して、令和4年度からサクラの古木の保全、幼木の手入れの講習会を開催していく予定です。(令和4年10月21日㈮ 視察実施)

公会堂、諏訪神社周辺の桜木

ポイントに周遊コースの看板

展望公園は、東屋や柵が整備されている。

 

 

 

 

展望公園から中央アルプスを望む

田崎真也氏の寄附による記念林

 

 

 

 

樹齢およそ100年の桜古木

やまほいくのフィールドへ向かう道

やまほいくのフィールド ①

やまほいくのフィールド ②

 

 

 

 

やまほいくフィールド ③  手作りのシーソー

やまほいくのフィールド ④  かまど

 

 

 

 

 

 

 

令和4年度みどりの少年団出前講座(クマ学習会)

令和4年11月1日(火)に西春近北小学校が長野県みどりの少年団連盟の出前講座を実施しました。

講座名  クマ学習会

少年団名 西春近北小学校みどりの少年団

実施団体 信州ツキノワグマ研究会

日時   令和4年11月1日(火)

 

人とクマが安心して暮らしていくために信州のツキノワグマについて学習しました。

クマってオスとメスどっちが大きいのか……

どんなものを食べるのか……

クマに出会わないためには……

出会ってしまったら……など…など

とっても勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白馬南小学校 学校環境緑化モデル事業 完成式典

令和4年度「緑の募金」学校環境緑化モデル事業 完成式典が行われました。

全校児童が完成した築山に集まって記念撮影

 

 

 

 

 

 

 

日時:令和4年11月2日㈬
場所:白馬村立白馬南小学校 中庭 築山
目的:「やちだも150周年プロジェクト」に向けた環境整備

「やちだも」は、白馬南小学校の校章です。
このやりだも150周年プロジェクトは、校舎中程にある低学年広場に築山やトンネルがあれば、坂上がりや天然の滑り台にもなり、子どもたちの教育環境整備においても大きな意味があり、笑顔あるれる学校づくりを推進することができると考えています。子どもたちが遊ぶ築山作りにより、自然に親しむ様相が更に広がるプロジェクトになればという思いがあります。
創立150周年の記念事業の一環として、緑の募金を活用し築山の造成を行い、これまで児童とともに環境整備を進めてきている白馬南小学校。

この学校環境緑化モデル事業とは…
株式会社ローソンが店頭で集めた緑の募金を活用して実施している事業です。

中庭に設置した事業の案内看板

記念植樹

学校長のご挨拶

ローソン信州白馬八方店 宮入さん 

児童代表挨拶 児童会長 松澤さん

保護者代表挨拶 150周年記念事業実行委員長 宗川さん

事業の説明(公財)長野県緑の基金 常務理事 河西

*この事業は、㈱ローソンの社会貢献活動として、各店舗に設置されている「緑の募金箱」に寄せられる「緑の募金」を(公社)国土緑化推進機構へ寄付していただき、この募金を活用して㈱ローソン、(公社)国土緑化推進機構及び各都道府県緑化推進委員会が協力し、2006年から実施されているものです。

食育環境を伝えるオリジナルカルタを作りました。

オリジナルカルタ『肉かってくう』のご紹介

 

 

 

 

 

 

オリジナルカルタの原作者 市川冬萌さん 原案サンプル作成時点高校2年生でした。
市川さんは小学生の頃からジビエを含む食育環境に興味を抱き、自分で調査研究を深めながら、オリジナルカルタの原案を作成するまでに至りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちはこれまで、そしてこれからも生き物の命をいただいて生きていきます。どのように動物と共存共生しながら食肉とするかを子どもたちに家族と考えて欲しいという原作者の願いがこもったカルタです。
長野県緑の基金では、原作者と連携して今回このオリジナルカルタの制作をすすめ、今後森林環境教育指導者研修会の教材としての活用を検討しております。(非売品です。)

10月13日県林務部長に完成報告              原作者 市川冬萌さん 右側

 

~原作者 市川冬萌さんの当時(諏訪清陵高校2年生)の想い~

消費・生産だけでなく食に関わる環境について考え、生き物との共存を考えていくことが出来るような議論の材料の提供を目的として研究開発をした。この教材カルタが生き物との共存を考える一歩なればと思う。

生きている命を頂いて自分の明日の命をつないでいることを忘れない社会。
肉になる動物の生きている環境を整え共生して生きられる人。
大量生産、大量消費が豊かなことではないという考え方を討論できる社会。
自分たちの周り自然環境や生活を守りながら、肉を消費できる社会をつくる必要性を論じる友人。そんな仲間を増やすためにこのカルタを考案した。


このカルタについてのお問い合わせはこちらまで。
電話 026-232-0111(内線4819)
またはお問合せフォームからへお願いします。

令和4年度 緑の募金公募事業 現地視察No.4

☆千曲市堂の山編☆

かつて地域の里山として親しまれていた「堂の山」が荒廃したため、地域で協働し復活を目指す堂の山復活プロジェクト実行委員会を立ち上げました。
実行委員会では緑の募金公募事業を活用し令和3年度から取り組んでいます。

遊歩道の整備、ベンチや案内板の設置などのほか、シイタケ駒打ち体験会、自然観察会などを開催しています。(令和4年9月22日㈭ 視察実施)

麓の駐車場に設置された案内看板

 

 

 

 

遊歩道の整備

竹柵の設置

倒木の整備

樹木の名札かけ

ベンチの設置 ①

ベンチの設置 ②

山頂から千曲市街地を望む

堂の山の一番奥にある池

シイタケ駒打ち体験会の様子(R3)

令和4年度 緑の募金公募事業 現地視察 No.3

☆長野市立七二会小学校 岩草分校編☆

NPO法人信州フォレストワークは、令和4年度から緑の募金公募事業を活用して、現在廃校になっている長野市立岩草分校の校庭周囲に植えられたサクラの古木の診断や処理をはじめ、苗木の植樹や校舎周囲の草刈りなど、環境保全に努めています。(令和4年9月22日㈭ 視察実施)

約80年前に建築された校舎

58年前(昭和39年)に廃校

映画のロケ地として活用する話も…

 

 

 

 

校庭周囲のサクラの古木 ①

 

 

 

 

 

校庭周囲のサクラの古木  ②

校庭周囲のサクラの古木  ③

 

校庭周囲のサクラの古木  ④

 

令和4年度 緑の募金公募事業 現地視察 No.2

☆素桜神社の神代ザクラ編☆

神代桜保存会は令和2年度~令和4年度にかけ緑の募金公募事業を活用し、近年樹勢が衰え樹幹の腐朽が目立つようになった神代ザクラの樹勢回復、根出し作業、土壌改良等を行うとともに地域学習などを実施しました。

神代ザクラとは・・・長野市芋井地区にある素桜神社内にある推定樹齢約1,200年の巨樹です。昭和10年にサクラとしては県内唯一の国の天然記念物に指定されましたサクラです。(令和4年9月22日㈭ 視察実施)


昭和10年12月24日に国の天然記念物指定

 

 

 

 

 

 


根廻り約9m 目通り周囲11.3m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹勢回復作業

文化庁調査官を招いての勉強会

 

 

 

 

 

 

令和4年度 緑の募金公募事業 現地視察 No.1

☆大町市立大町西小学校編☆

大町西小学校PTAは、来年度創立150周年の節目の年を迎えるにあたり、令和3年度から緑の募金公募事業を活用して、桜並木を活かした環境学習に取り組んでいます。

同校のソメイヨシノは昭和の初め頃から植樹され、現在約120本あり、児童の皆さんや地元住民、大町市民等から長く愛されています。(令和4年9月8日(木)視察実施)

4月には、桜並木はこんなに華やかになります。

校舎の正面玄関から校門に向けて、数十メートルの桜並木が連なっています。

校舎側から南を望むと、桜が校庭をぐるっと囲んでいます。

 

 

 

 

 

 

校庭南側の桜の中には、巨木もあります。

晴天時は校庭東側から北西方向、桜並木の後方に北アルプスが見えます。

小さな林のような中庭では、ツリーハウスを作成中。

敷地内北東にある円形の花壇。

木の実で作った作品を、児童が花壇に展示。

 

 

 

 

 

昨年度実施した、桜の葉を用いたお菓子の調理実習。

 

令和4年度 緑の秋期募金活動の報告

令和4年10月16日(日) 長野Uスタジアムで行われたAC長野パルセイロのホームゲームで会場をお借りして、中部森林管理局、上伊那山林協会、長野地方緑化推進委員会、長野県林務部の皆様と募金活動を行いました。

沢山のサポータ等の皆様に募金していただきました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

募金活動の後はパルセイロの観戦をしました。

頑張れパルセイロ!!

長野パルセイロのホームページはこちら

 

 

 

令和4年度みどりの少年団指導者スキルアップ研修会開催

令和4年度みどりの少年団指導者スキルアップ研修会を新型コロナウイルス感染症予防対策をし開催しました。

【日時】令和4年8月8日㈪

【場所】上田市菅平高原

【主催】公益財団法人 長野県緑の基金、上小林業振興会、長野県みどりの少年団連盟

【参加人数】22名(講師、スタッフ含む)

【内容】・開会式 ・森林内活動と新型コロナウイルス対策 ・アイスブレーク(後だしじゃんけん、ジャンケンチャンピオン、上肢左右拮抗運動) ・段ボール利用の燻製づくり ・青竹クーヘン ・感動を伝えたい自然のデジカメ写真撮影・緑陰のワールドカフェ)

段ボール燻製、青竹クーヘンは難しくないので各少年団で活用していただけたらと思います。

また、各少年団での課題等参加者全員で解決に向け話ができました。

当日は天気も良くとても充実した研修会になりました。

参加者の皆さまありがとうございました。

後出しじゃんけん

 

 

 

 

 

 

薪割 子どもができやすいようアドバイスをいただきました。

 

段ボール燻製 煙がでている~

 

 

 

 

 

青竹クーヘン

青竹クーヘンの完成!!

 

 

 

 

 

 

段ボール燻製の完成!!

 

感動を伝えたい自然のデジカメ写真撮影後発表

 

 

 

 

 

 

 

情報交換 色々の立場の皆さんが参加したので充実した情報交換でした。

 

参加者全員で情報共有しました。