令和4年度 公募事業のお知らせ

~みんなで支える ふるさとの森林づくり~

募集期間
令和4年4月1日㈮~5月10日㈫ 各地区緑化推進団体必着

詳しくはこちらをご覧ください。

令和4年度「緑と水の森林ファンド」公募事業(中央事業)の募集について(応募期間2/1~3/15)

(公社)国土緑化推進機構が行う「緑と水の森林ファンド」公募事業

幅広い民間の非営利団体等の主体的・多様な参加による「国民参加の森林づくり」運動の推進を図るため、以下により「緑と水の森林ファンド」事業の公募を実施しますのでご案内します。

  • 募集期間
    令和4年2月1日㈫~3月15日㈫(消印有効)
  • 助成対象者
    民間の非営利団体、非営利の法人、個人(調査研究に限る。)

詳しくはこちらをご覧ください。

令和4年度(2022年度)「緑の募金」公募事業の募集について(応募期間2/1~3/15)

(公社)国土緑化推進機構が行う「緑の募金」公募事業

「緑の募金」では、一般公募により森林ボランティア団体等の活動を支援します。

  • 募集期間
    令和4年2月1日㈫~3月15日㈫
  • 支援対象となる事業
    一般公募事業
    次世代育成公募事業「次世代の森づくりを担う人材育成事業」
    特別公募事業「スギ等森林の有効活用支援事業」
    都道府県緑推推薦事業「子どもたちの未来の森づくり事業」
  • 詳しくは
    支援対象、支援内容、応募申請書等、詳しくはこちらをご覧ください。
    「緑の募金」公式サイト トップページはこちらから。
緑の募金「SGDs貢献使途限定募金」事業候補の募集について

【以下(公社)国土緑化推進機構からのお知らせです】

緑の募金事業にご関心の皆様へ

平素より、緑の募金事業へのご理解とご協力に感謝申し上げます。

さて、来年度の緑の募金事業(公募事業)については、本年度と同様のスケジュールで募集を行うことを検討しておりますが、キャッシュレス化の進展や新型コロナウイルス感染症の感染拡大などにより、近年、事業の原資となる募金が減少し、採択件数も減少せざるを得ず、特に長年同様の内容の案件については優先度を低くせざるを得ない状況となっております。

一方、近年では、国の内外・官民を問わず、SDGsの達成への貢献の機運が盛り上がりを見せ、当機構でも、SDGsへの貢献に使途を限定した募金の働きかけを行うこととしております。

この募金は、事前に実施団体よりSDGsに貢献する事業(SDGs事業)を募集し、事業ごとに目標額を定めて寄付を募るものです。

(クラウドファンディング方式)現在、来年春の募金実施に向けて、候補事業の募集を行っております。https://www.green.or.jp/bokin/first/used-by/sdgs-fundraising

公募事業への応募とSDGs事業への応募は重複することも可能です。

SDGsへの貢献に意欲ある団体におかれては、SDGs事業への応募もご検討いただきたく、ご連絡申し上げます。

■「SDGs 貢献使途限定募金」による助成

○ 候補事業 募集期間

春期 11月1日~12月15日

○「SDGs貢献使途限定募金」実施期間

春期 2月1日~5月31日

○ 事業開始時期

目標額の募金が寄せられた後、応募者の意向を踏まえ決定

○ 交付金額

1事業につき200万円(国際緑化は300万円)を限度

■ 支援対象のテーマ

安全・安心な生活環境の保全への貢献(SDGs目標6、11貢献)

気候変動対策への貢献(SDGs目標7、13貢献)

生物多様性の保全と回復への貢献(SDGs目標14、15貢献)

■応募方法

「緑の募金事業候補応募書」(Excel)、応募者の要件を具備していることの証となる定款、役員名簿等をEメールに添付してご応募ください。

■ 応募先(国土緑化推進機構 募金担当)

bokin@green.or.jp

■ 詳しくはこちら

https://www.green.or.jp/bokin/first/used-by/sdgs-fundraising

 

令和元年東日本台風被害の復興支援事業で支援いたしました。

令和元年台風19号は、長野県内千曲川流域を中心に甚大な被害をもたらしました。

国土緑化推進機構では、全国からの使途限定募金を活用し被災地の復旧・復興に向けて緑化等を通じた支援を行っています。

今回は飯山市にある飯山中央幼稚園と長野市の古里小学校に支援させていただきました。

【飯山中央幼稚園】

日時  令和3年11月15日㈪

支援内容 長野県産材使用製品のすぎ板積み木、ひのき板積み木

式典参加者 飯山中央幼稚園児、副園長、飯山市農林課、公益財団法人 長野県緑の基金

 

 

 

 

 

 

 

 

【古里小学校】

日時 令和3年11月17日㈬

贈呈内容 ハナミズキ

参加者 長野市立古里小学校児童、公益財団法人 長野県緑の基金

 

 

 

 

 

 

 

 

令和元年東日本台風被害の復興支援事業で豊野中学校にやまぼうしを贈呈いたしました。

令和元年台風19号は、長野県内千曲川流域を中心に甚大な被害をもたらしました。

国土緑化推進機構では、全国から使途限定募金をし被災地の復旧・復興に向けて緑化等を通じた支援を行っています。

今回は使途限定募金を活用させていただき長野市立豊野中学校にやまぼうしを2本贈呈させていただきまきました。

豊野中学校は校舎・体育館の1階部分が浸水し、約1年に及ぶ仮設校舎での生活を経て令和2年12月に校舎の復旧工事が完了し本校舎での授業を再開しました。

被害に遭った校庭に生徒2人と植樹しました。

 

 

 

森のくまさん 木製アートのご紹介

こちら長野県庁6階にあります事務所には、こんなに可愛らしい木製アート作品も展示してあります☆

絵本に登場するくまの親子と、一緒に旅をする子供たちです☆

この作品は、上小林業振興会事務局長でもあり、長野県みどりの少年団連盟会長でもある田島裕志氏の作品です。

令和3年度みどりの少年団指導者スキルアップ研修会開催

令和3年度みどりの少年団指導者スキルアップ研修会開催しました。

《日時》 令和3年8月3日(火)

《場所) 上田市菅平高原

《主催》 公益財団法人 長野県緑の基金 長野県みどりの少年団連盟 上小林業振興会

《参加人数》 34名(講師、スタッフ含む)

《内容》

1.開会式

 

 

 

 

2.アイスブレイク(やまぼうし自然学校)

・個人で楽しむ  ☆後だしじゃんけん

・いろんな人との関わりを楽しむ ☆じゃんけんチャンピオン☆上肢左右拮抗運動

・みんなで楽しむ ☆フープリレー

 

 

 

3.木製ストロー制作と環境教育(エックス都市研究所 主任研究員 河野有悟氏)☆SDGs学習の実践例 ☆木のストローワークショップ

 

 

 

 

 

4.青竹クーヘンづくり(やまぼうし自然学校)

新型コロナウイルス感染症拡大の観点から実践は中止し、実践事例から作り方、レシピ等を紹介。

 

 

 

 

 

 

5.『センス・オブ・ワンダー』レイチェル・カーソン著を読み解く

 

 

 

 

 

 

 

6.子ども達に伝えたい風景~センス・オブ・ワンダーを読んで~

 

 

 

 

 

 

 

7.緑陰のワールドカフェ(やまぼうし自然学校)

・テーマ

①学校現場や各地区の抱える課題や悩み事

②優良事例や活動アイディア

 

 

晴天の中、新型コロナウイルス感染症対策して活動できました。

 

 

農林業機器販売・修理のミズホ鋼機飯田営業所 小木曽正如所長様から緑の募金を寄附していただきました。

オリジナルブランド「Refineリファイン」 の売上げの一部を飯伊地区緑の募金委員会を通じて緑の募金に寄附していただきました。

ありがとうございました。

右:ミズホ鋼機飯田営業所 小木曽正如所長 左:飯伊地区副委員長 南信州地域振興局秋山林務課長

 

充電式小型チェーンソーケース(リファイン)

※Refineリファインは同営業所のオリジナルブランドで有害獣として駆除されたシカなどの革を活用し道具などの専用ケースなどを制作し販売している。

 

 

 

 

 

 

 

上田市の《窪田薬局様》より緑の募金の寄付をいただきました。

3年7月19日に上田市の《窪田薬局様》より緑の募金の寄付をいただきました。

窪田薬局様は令和2年7月1日からのレジ袋有料後、レジ袋代金を「緑の募金」の募金箱に入れていただけるよう設置してくださいました。

1年後にあたる令和3年6月30日に集計していただいた金額に窪田薬局様からの寄付金を加えていただいたき当日受取りました。

皆様からいただきました募金は上田地区の緑化につながるよう大切に使わせていただきます。

ありがとうございました。

左:上小林業振興会田島事務局長 右:窪田薬局 代表取締役窪田様

窪田薬局様のホームページは→こちら

 

地球環境を守る『緑の募金』をダイドードリンコから。

ダイドードリンコ㈱の自販機設置についてのご案内です。

ダイドードリンコ㈱様ではCO2を吸収する森林を増やすために、誰でも簡単に『緑の募金』ができる自販機を展開しております。

詳しくはこちらをご覧ください。

令和2年募金協力企業・団体様に絵本を送付させていただきました。

令和2年に一定額の募金の協力をしていただいた企業・団体様に、この度新刊の『森のくまさん 南信州へゆく』を送付させていただいたところ直富商事株式会社様のSNSに載せていただきました。

詳しくは→  instagram

「直富商事株式会社」 で検索してください